Nature Protocols

標準となるプロトコル:一流誌に掲載された論文で使用されたプロトコルを出版するピア・レビュージャーナル

Nature Protocolsは実験手順をレシピ形式で記述したプロトコルを、査読および編集作業を経てから掲載するユニークな学術ジャーナルです。対象とする範囲は広く、生物学および生物医学研究に使用されるプロトコルだけでなく、生物学的な問題の研究に対して実際的に応用される物理学や化学に基づく手法も含まれます。週一回更新され、最近の原著論文に記載されている最新の手法も、研究の根幹として定評のある既存の手法も含まれています。以下の特長を含みます。

  • 年間200点以上の査読済みプロトコルを提供
  • 一流誌に掲載された論文で使用されたプロトコルを提供
  • オリジナルの研究論文にはない実用情報を提供
  • 実験計画へのアドバイス、材料、トラブルシューティングのヒント、重要ステップ、安全対策、操作説明ビデオを含む、わかりやすい段階的なフォーマットで提供
  • カバーする分野: モデル生物/計算生物学/微生物学/神経科学/植物生物学/細胞培養/構造生物学/プロテオミクス/生化学/遺伝分析/イメージング/化学修飾 ほか

また、Protocol Exchangeはオープンアクセスでご利用いただける研究用プロトコルの投稿および共有のためのフォーラムです。提供プロトコルのうち、半数以上がNatureおよびNature Research出版誌の掲載論文で使用されたプロトコルで、原著論文へのリンクがはられています。Protocol Exchange上のプロトコルは査読を受けておらず、著者によって公開されています。

パンフレット(英文)

Nature protocols (1)
Nature protocols (1)
(PDF, 698.52 KB)

分野

  • Biochemistry
  • Cell biology
  • Cell culture
  • Chemical modification
  • Computational biology
  • Developmental biology
  • Epigenomics
  • Genetic analysis
  • Genetic modification
  • Genomics
  • Imaging
  • Immunology
  • Isolation, Purification and Separation
  • Lipidomics
  • Metabolomics
  • Microbiology
  • Model organisms
  • Nanotechnology
  • Neuroscience
  • Nucleic acid based molecular biology
  • Pharmacology
  • Plant biology
  • Protein analysis
  • Proteomics
  • Spectroscopy
  • Structural biology
  • Synthetic chemistry
  • Tissue culture

Springer Natureとつながろう