シュプリンガー・イーブックス 著者の声:東京大学名誉教授 猪口孝先生

EBT001_Gutenberg_blue_CMYK

猪口孝先生は、今まで多くの著書を発表され、日本語の書籍だけでなく洋書も多数出版されています。Springer Nature からは十数冊出版され、最近ではブックシリーズ、Trustを立ち上げ、Editor in Chiefも務められています。英語で研究成果を発表されるということは、どのような意義や利点があるかお伺いしました。


英文での情報発信を進め、未来の人文社会学へ

学問とは、異質な考えを衝突させ、良いものを作るプロセスでもあると話される猪口先生。良いものは世界にアピールする必要があり、当然英語で発信されるべきと説かれています。

​​​​​​​動画を見る(日本語)

動画を見る(英語)


* 所属、タイトル、研究内容や製品名はインタビュー当時のものです