イベントレポート:シュプリンガー・ネイチャーセミナー 研究成果発信と評価(6/21)

2018年6月21日、シュプリンガー・ネイチャーは以下をテーマにセミナーを開催しました。(プログラムおよび登壇者プロフィールはこちら

研究成果発信と評価 ― 電子書籍のインパクトは評価指標の1つとなり得るか? 


学術研究の成果発表は、特に自然科学の分野に於いてはジャーナルで論文が発表されることが多く、すでに様々な評価指標が存在します。一方で書籍は出版後の影響が見えにくく、インパクトを測りにくいといった指摘が現在もあります。電子書籍が誕生しオンラインで配信されるようになり、発見可能性が劇的に高まったことで単に書籍を読むだけではない新たな利活用が生まれています。それと同時に、オンラインならではの特徴を生かした指標が開発されました。


本セミナーでは、基調講演として東京工業大学科学技術創成研究院教授、加藤之貴氏が登壇され、Springerから電子書籍「Energy Technology Roadmaps of Japan」を出版された体験をお話しされました。シュプリンガー・ネイチャーのBookmetrix は、電子書籍が世界中でどのくらい利用されているのか、定量的な指標を提供するサービスです。加藤氏は著書を例にBookmetrixの現在の利用・引用状況を見ながら、専門である原子力やエネルギ―関連の研究情勢についても紹介されました。

その後、MITでの教員経験などを交え、技術の世界展開と情報発信の進化について講演を進めました。東工大との研究教育連携の一環として、MITで4か月教鞭をとられた同氏は、最初はそこで展開される授業への学生の貪欲さ、TAの働きや要求に圧倒された経験のほか、アサインメント(宿題)を出すのに著書がMIT内で電子版で利用できることが役に立ったこと等を話されました。教員にとっても授業は勝負の場であることを身を以て体験され、インターネットの情報だけでは知りえない、現地に行かなければわからないことが多々あると強調されました。

終盤は日本と海外の論文数の推移や質的な変化についても触れられ、自身の実体験を踏まえた講演は、日本のプレゼンス(存在感)への危機感についても説得力をもって語られました。また、このような体験や意識が英語かつ電子書籍で出版することになった動機の1つでもあると述べられました。


シュプリンガー・ネイチャーからは、開発責任者のMartijn Roelandse(マルテイン・ルランセ)より、前述のBookmetrix について話題提供しました。シュプリンガー・ネイチャーは2015年4月、Altmetric社との協同によって電子書籍の影響度を測る指標Bookmetrixを開発しています。

オンラインで発信が可能になったことにより、書籍のダウンロード、引用、SNSや政策文書での言及、ブック・レビューや読者数など、紙媒体の時代には不可能であったデータが収集できるようになっています。Bookmetrixはまさにそうしたデータを収集し、一か所に集め可視化したツールです。Bookmetrixが導出する指標をどのように分析し、活用できるかが、今後の書籍を通した新たな研究業績の評価方法や、その対外的な認知にもつながっていくと期待されていると話しました。


最後のパネルディスカッションでは、上記2名の講師のほか、新たにパネリストとして科学技術・学術政策研究所 林 和弘氏と、自然科学研究機構 研究力強化推進本部 小泉 周氏が加わり、株式会社ラピッズワイド代表の広瀬 容子氏をモデレーターとして、電子書籍のインパクトを指標の1つとしてどう評価していくか、議論が展開されました。

まず、書籍の出版が業績評価の対象となり得るかどうか、これについては論を待たず、既に成果指標となっていると小泉氏から指摘*がありました。その例として、Times Higher Education (THE)が毎年発表している大学ランキングで、数年前からリサーチアウトプット論文数は書籍もカウントの対象となっていることが挙げられました。しかしながら、カウントを行う情報源はジャーナル論文を中心とする文献データベースが使用されているため、含まれる書籍の情報が限定されています。例えば同じ書籍でもそのデータベースで確認できる引用数と、Bookmetrixのそれとでは数値が大きく異なる場合があります。本パネルディスカッションでは、評価対象にはなっているものの、評価の方法が確立されていないことが確認され、「どのように」数や質を評価すべきなのかが議論の中心となりました。

林氏からは、世界的にEBPM (Evidence-based policy making)といった考えがあり、定量的なデータをもとに政策を決定する流れがあることや、日本でも統合イノベーション戦略が閣議決定されたことが紹介されました。さらに、その中にはオープンサイエンスのコンセプトが含まれており、公的研究資金を投じた研究成果のデータ利活用が謳われている旨が説明されました。


パネリスト共通の見解として、評価には制約や条件がつきものであり、それを正しく把握したうえで実行することが必要であるとの確認がなされました。例えば、引用と論文数が既に評価の中心である自然科学において、分野間の違いを考慮する**必要があります。人文社会学の場合、研究成果の発表は書籍が中心となっており、そもそも書籍の位置づけが異なること等が例に挙がりました。「評価の高い」論文が常にイノベーションを起こすとは限りません。また、数を単純比較するのではなく、例えばソーシャルメディアより特許や政策文書での引用をより重要視すべきといった意見もありました。さらに、図書館員、特にサブジェクト・ライブラリアンが書籍の選定をする場合は、ある一定のクオリティ・コントロールがなされている可能性も示唆されました。


論文と書籍はリサーチコミュニティにおける役割が大きく異なるという点についてもパネリスト全員の同意が得られていました。論文は最新の成果をエビデンスと共にいち早くコミュニティに流すのが役割であり、書籍は知を体系化し、まとめて後世に残すというのが役割であることが示されました。

様々な論文がある中で、その科学を前進させるにはコンセンサスの形成が必要不可欠で、そのコンセンサスの形成に書籍が一役買っていることも挙がりました。論文はフローの情報で、本はストックの情報、という意見も印象的でした。さらに、レビュー論文は書籍に近く、書籍のチャプターはレビュー論文に近い役割を果たしていること、さらには電子化によりチャプターレベルで流通していることから、著者はどの媒体から発信すべきか戦略的に考える必要があることも提案されました。


Bookmetrixに期待されることとして、長期的なインパクトを評価することが挙げられました。現在は、コレクション引用パフォーマンス(Collection Citation Performance、CCP)を新たに開発し、ジャーナルと同じように、図書館で導入した電子書籍のコレクションを評価するサービスが開始されています。ブックシリーズでも同じことが実現できればというアイデアが挙がりました。また、今の数値をさらにブレイクダウンする必要性、例えば教科書を出版した場合は教育におけるインパクトを計る指標が必要との指摘もありました。


議論はオルトメトリクスにも及び、抒情的な部分の評価、つまりその言葉がポジティブな意味を持つのか、ネガティブな意味を持つのか、サーチエンジンではできない分析の難しさも触れられました。これについては、オルトメトリクス会議で研究グループがあり、さらにはオープンシラバスと言われる、シラバスに掲載されている情報をもとに教育への貢献度を示す研究も進められているとの発言がありました。


パネルディスカッションの最後では、改めて英語で出版することの重要性が確認されました。分野を問わず、書籍が業績として評価される時代になっていることは正しく認識されるべきで、日本人にとって英語で執筆をすることは簡単ではないものの、海外に発信する意識を持つことが必要であり、読者を世界に持つことの利点が語られました。また、ドイツでは書籍の出版がテニュアを得る条件であることが言及され、研究を体系化し後世に伝えられることが研究者の理想であるとともに、書籍の出版が促され、それが正しく評価されるよう、引き続き各関係者が盛り上げていく重要性を共有して締めくくられました。


* 参加者に事前にアンケートを行った。アンケートの設問は、「『所属の機関において』書籍の出版が評価対象となるか?」であり、対象とならないとの回答が一定数あった。

** 分野間の違いを均すために、エルゼビア社が提唱するFWCI値なども存在する。

(文責:シュプリンガー・ネイチャー 田辺 祐子)


Bookmetrix関連資料