未来博士3分間コンペティション2020

シュプリンガー・ネイチャーは、未来博士3分間コンペティション2020に特別協賛・協力しています。

未来博士3分間コンペティション2020(オンライン) 投票オーディエンス募集!

未来博士3分間コンペティションは、博士課程後期学生が3分間の限られた時間内に自身の研究のビジョンと魅力を分かりやすく伝えるスピーチ大会です。大会を通して、自身のコミュニケーション力やアピール力の向上を図るとともに、社会における博士人材と博士研究に対する理解を広めることを目的としています。

本大会は2015 年から毎年開催しており、今年で 6 回目を迎えます。本年度大会は、オンライン(Zoom)での開催になります。Zoomでご参加いただくみなさまに、良かったと思う発表者に一票を投じていただくことで、オーディエンス賞が決まります。みなさまのご参加をお待ちしております。


日時


2020年11月21日(土)

プログラム

【日本語部門】

13:00 オープニング

       開会挨拶 越智 光夫(広島大学長)

         来賓挨拶 Alastair McEwan (クイーンズランド大学副総長)

13:10 博士課程学生による3分間プレゼンテーション

14:10 博士課程学生によるパネルトーク

          モデレーター:本田 隆行(科学コミュニケーター)

14:45 クロージング

         表彰式

         閉会挨拶 原山 優子 (理化学研究所 理事/前 総合科学技術・イノベーション会議常勤議員)

【英語部門】

15:30 オープニング

         開会挨拶 越智 光夫(広島大学長)

         来賓挨拶 Alastair McEwan(クイーンズランド大学副総長)

15:40 博士課程学生による3分間プレゼンテーション

16:40 博士課程学生によるパネルトーク

         モデレーター:嶋田 一義(国立研究開発法人科学技術振興機構ワシントン事務所長)

17:15 クロージング

         表彰式

         閉会挨拶 原山 優子(理化学研究所 理事/前 総合科学技術・イノベーション会議常勤議員)

* 発表者一覧は11月9日(月)に、プログラムの詳細(発表者情報等)は11月16日(月)に、公式サイト上で掲載予定です。

*プログラムは変更になる場合があります。

参加申込

以下申込フォームよりご登録ください。

申込締切:2020年11月18日(水)

* Zoomでの視聴には定員がございますので、早目にお申し込みください。 

* 申込フォームで申込みいただいた方のみ、オーディエンス賞投票権が付与されます。

プレゼンテーション審査員会

日本語部門・英語部門それぞれに、大学・企業関係者、有識者などから構成される審査員会を設置します。
審査員会の詳細については、こちらをご確認ください。

各賞

  • 最優秀賞:日本語部門・英語部門各1名 賞状、奨学金30万円、副賞
  • 優秀賞:日本語部門・英語部門各1名 賞状、奨学金15万円、副賞
  • オーディエンス賞:日本語部門・英語部門各1名 賞状、奨学金8万円、副賞

*上記各賞以外に、投稿動画の中から複数名の方に、特別協賛企業が選ぶ動画賞を授与します。

主催:科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラットフォーム

特別協賛:大塚製薬株式会社、コニカミノルタ株式会社、シュプリンガー・ネイチャー、中外テクノス株式会社、株式会社日本製鋼所、マイクロンメモリ ジャパン合同会社、マツダ株式会社   

協賛:協和発酵バイオ株式会社 山口事業所、戸田工業株式会社、日本ハム株式会社 中央研究所、株式会社野村総合研究所 

協力:シュプリンガー・ネイチャー、国立研究開発法人 科学技術振興機構


未来博士3分間コンペティションとは

What's 3分間コンペティション?

未来博士3分間コンペティションとは、博士課程後期学生が、自身の研究のビジョンと魅力について、スライド1枚を使って、誰もが分かるように3分間で語るスピーチ大会です。

オーストラリアのクイーンズランド大学で始まり、現在は少なくとも85か国900校以上の大学で実施されています。

過去の未来博士3分間コンペティション

2019年大会 ●2018年大会 ●2017年大会 ●2016年大会 ●2015年大会

未来を拓く地方協奏プラットフォーム「HIRAKUとは…

広島大学が代表機関、山口大学と徳島大学が共同実施機関として推進している事業。若手研究者が、人社系・理工系のジャンルを越えて異なる領域にも果敢に挑戦することで、社会を変革する意識と情熱を持った人材となることをめざしています。また、中国・四国地方を中心とする西日本の国公私立大学、そして多くの企業や公的機関を連携機関とした産学官コンソーシアムを形成し、協力して次世代を担う優秀な若手研究者の活躍の場を創出します。