シュプリンガー・イーブックス 著者の声:小泉 周 先生

EBT001_Gutenberg_blue_CMYK

大学共同利用機関法人自然科学研究機構 小泉 周 先生にお話を伺いました。


Q. 小泉先生は、Optogenetics: Light-Sensing Proteins and Their Applicationsの共編者でいらっしゃいますが、この本を出版されたきっかけを教えてください。

Optogeneticsとは、これは日本語に訳すと光遺伝学となりますが、私たちは光操作と呼んでいます。光を使って脳の神経活動を操作しようという特殊な技術です。
Optogeneticsは、東北大学の八尾寛先生と名古屋工業大学の神取秀樹先生と一緒にエディターを務め2015年に出版しました。
そもそものきっかけは2009年くらいにさかのぼります。2009年当時は、私も含め、数名がアメリカから帰国したばかりで、当時は新しい技術だった光操作を日本に導入したのです。論文ならいくつか出版されていたのですが、「どうやって使えばいいのか」「どう応用できるのか」、「どういうことをすれば光操作を自身の研究に生かせるのか」といったことを解決する体系的な知識を得る場は全くありませんでした。ですので、色々な知識を持った方々を集めた光操作技術に関する光操作研究会というのを組織したのです。この会はそれ以降、毎年綿々と続いています1)
光操作研究会は、日本中の研究者が集まっており、この技術を使って、脳神経科学に限らず、化学やレーザーの分野など、光を使っていろいろな細胞の活動を操作したい、技術を学びたいという若手研究者、さらに企業も参入して勉強会のようなものになっています。ここで集まった知識というものを書籍としてまとめましょうという話になりました。それがきっかけです。

Q. ということは、Optogeneticsは多岐に渡る分野をカバーしていることになるのでしょうか。

はい、Optogeneticsを横ぐしにして、色々な分野の様々な知識をまとめよう、ということをこの書籍で実現したわけです。現在は第2版の準備を進めています。書籍というのは、既存の学問分野の枠を超えた新しいテーマに関して、多くの人たちが関わり、様々な最新技術を集め、それらの新しい技術を読者の皆さんに提供できる機会なのではないかと思います。おかげさまでOptogeneticsはたくさん引用されているようですので、第2版を出版しようという話になったのだと思います。エディターは大変だけど、この分野に興味のある、様々な分野の読者ためになる本ができたのではないかと自負しているところです。

Q. 書籍は論文とは異なる役割を果たしているNew Content Itemのでしょうか?

いわゆる学術論文というのは自分が取ってきた最新の成果を、または今まで誰も見なかったような新しい成果というものをとにかく追い求めて、それをジャーナルに投稿して論文を発表する、という営みであるわけです。それに対して書籍というのは、論文とは異なり、もう少しバックグラウンド(の情報)も含めて広い知識や情報を総合的に提供することができる媒体だと思います(右図参照)。出版までの期間は、一般的には論文の方が早いですよね。
書籍も査読がありますし、1冊つくるのにも数カ月、企画からだと1年、2年かかるときもありますが、イーブックなら多少は早くなりますよね。イーブックが出てきたことで、既存の書籍という概念も実は変わってきていて、もっと早く出版していけるような媒体に変わってきているように思います。
それから、Optogeneticsのような異分野が融合した研究にとって、書籍は重要な媒体だと思っています。ジャーナルには対象とされる分野があります。私はもともと脳神経科学系ですが、この分野も数多くのジャーナルがあり、その分野の専門家が査読しますし、全体の流れを見ても論文は分野にかなり依存していると思います。
本は面白いことに、出版社の編集者がこのトピックが必要だと思ったり、研究者の方がこの企画でやりたいと思ったり、関係者が合意できればもう分野なんて関係ないんですね。書籍は分野にとらわれずトピックを設定できるのが面白いところだと思っています。
そういう意味では、異分野融合とか新分野創成の情報発信には書籍はとても有効に活用できるんじゃないかと思います。

Q. たしかに、書籍だと論文のような文字数の制限が基本はあまりないですね。

分量に関しては、当然論文は規定があって図表は何枚以内とか、引用文献なども雑誌によって縛りがあることがあります。書籍は当然ながら、1つのレビュー論文よりも断然長いものを作ることができます。特にイーブックになってくると、何ページあろうが、基本的には関係ないですよね。最新情報だけでなく、総合的な情報をパッケージにして、異なる視点から色々な情報をまとめることができる、それなりの分量をもって提示することができるのは書籍だと思います。引用に関して言えば、論文は先ほど言ったような速報性を求める性格があるため、実は論文の被引用のピークってだいたい2年から3年なのです2) 。
もちろん分野や個々の論文によっては、もっと長い場合もありますが、2、3年でピークが来るのが平均でしょう。
それに対して書籍はやはり、良い内容で、総合的な情報、これを読めばこのテーマのことは全部分かりますというものは長く引用されると思います。そういう情報を提供できるのが書籍であると思っています。

Q. 書籍は異分野融合というキーワードにうまくはまるんですね。

論文と書籍の違いについては言われなくても分かっていることばかりだと思いますが、改めてそれぞれの特徴を考えてみると、異分野融合、新分野創成には実は学術雑誌に載る論文じゃなくて、書籍の方がsuitable(適切)だと思います。
分野の枠を超えた書籍を出版するというのは、学問、学術研究活動にこうやって生かせるのだという1つの例であり、書籍をつくる意義でもあると思います。
現在の科学技術分野の政策に関して言えば、若手研究者支援や異分野融合といったことが1つのトピックになっています。従来の書籍の立ち位置は、どちらかというと論文が先行していたと思います。研究活動として最新の成果を得たら、まずは論文として発表されます。個々の研究活動の成果は論文発表というかたちで積み重なっていき、それを集めて書籍にしましょうか、という流れだったと思います。もちろんそれでよいのですが、その逆もあっていいと思います。
研究活動、特に異分野融合の研究であれば、色々な分野の人が集まって、そこで得た知識を集めた書籍を出版します。書籍を作ることによって、それを読者が引用して研究活動にも活かせるし、さらにそれで得た成果を引用することによって新たな発想が生まれる。書籍を土台にして新しい研究活動を行い、最新情報を論文で出していく、こういったパラダイムチェンジがあってもよいのではないか、と提案したいと思います。書籍が最終的なアキュムレーションとして使われるのではなくて、研究活動のまさにど真ん中に置かれる。書籍からも情報を集め、書籍で新しい分野を創成していく、そういったことができれば本当のイノベーションが起こりうる、結構まじめに言っています。

Q. 先生から図書館へ提案したいことはありますか?New Content Item

例えばファカルティ・リエゾン、私は詳しいわけではありませんが、研究者のニーズを知って情報を提供する、特に新しい分野の情報を集めるのに図書館が必要なんじゃないかと思います。常にアンテナを張って、研究者のニーズを知り、研究同士のつながりを取り持つということを図書館ができるかもしれません(右図参照)。

また、リチウムイオンバッテリーズ3)を例とするような、情報を効率よく集めてくること、こういう情報が必要とされているというテーマを見つけたり、研究者のニーズを知ってどういった情報を集めてくればいいのか判断したり、適切な情報の取捨選択といったところも図書館の役割としてあるのかもしれません。



注記

1)  光操作研究会について 

2)  参考資料 (シュプリンガー・ネイチャーによる補足)

3)  プレスリリース:シュプリンガー・ネイチャー、初の機械生成書籍を出版

機械生成書籍の日本のお客様からのフィードバックはこちら



さらに詳しく:


*本稿は2019年11月13日の第21回 図書館総合展 教育・学術情報オープンサミット2019 シュプリンガー・ネイチャー フォーラムにおける講演「高等教育における電子書籍のこれまでと未来」をもとに再編集・構成を行い、小泉先生へ再インタビューを行ったものであり、所属等はインタビュー当時の情報です。フォーラムについては動画をご覧ください