1990年代の注目すべき研究

最新の研究であれ、100年前の研究であれ、質の高い研究には不変の価値があります。今日の研究者は、これまで以上に過去の研究の価値を再発見しつつあり、過去の経験に学ぶことはかつてないほど重要視され、未来を形づくる上で欠かせません。過去の研究者の経験と知恵を活かすことによって、現在の研究を向上させ、加速することができるのです。

これを踏まえ、シュプリンガー・ネイチャーは175年に及ぶ最重要な研究成果や発見を、Springer Nature Journals and eBooks Archivesとしてまとめました。このアーカイブには、インプリントであるSpringer、Nature Portfolio、Palgrave Macmillan、Adis、Scientific Americanの2,400点以上のジャーナルと120,000冊以上の書籍が収められています。

地球規模の重要課題に関連する注目すべき90年代の研究

気候変動

1990年代も、温室効果ガスが気候変動の最大の要因で、温室効果ガスの人為的排出が著しい地球温暖化を引き起こしているというコンセンサスが引き続き確立されていきました。国際会議においてこうした問題が議論され、気候変動に関する国連枠組条約(UN Framework Convention on Climate Change)や京都議定書が生まれました。

New Content Item

デジタルトランスフォーメーションの進む世界

現在の世界と状況が似てきたのは1990年代です。携帯電話の使用や、家庭でもパソコンが使われるようになりました。WiFiが発明されて市場に提供されるようになりました。さらに、コンピュータゲーム機、DVD、MP3プレイヤーなど、90年代に登場した新たなデジタル機器の多くが、現在私たちが利用している機器の原型にあたります。 

New Content Item

国際保健

1990年代は、刺激的で論争を呼ぶ医学研究や医療の進歩が次々と登場した時代でした。ヒトゲノムプロジェクト(Human Genome Project)が始まり、バイアグラが遂に市販されるようになり、クローン羊ドリーが生まれた結果、ヒトのクローニングの可能性やその倫理面に関する研究や議論が進められました。

New Content Item

未来にブレークスルーをもたらした先駆的研究

デジタルトランスフォーメーションの進む世界