Journal archives

先人の知恵を今に活かす

最新の研究であれ、100年前の研究であれ、質の高い研究には不変の価値があり、次世代の研究者にとって重要なものです。先行研究を把握することが、研究ライフサイクルにおける資産となります。シュプリンガー・ネイチャーのアーカイブ・コレクションは、ノーベル賞に輝いた著作やそれに影響を受けた研究のみならず、従来、歴史の陰にかくれて見つけにくかった多くの科学者の過去の論文に簡単にアクセスすることを実現します。

画期的な発見の数々

シュプリンガー・ネイチャーのインプリントであるSpringer、Nature Portfolio、Palgrave Macmillan、Adis、Scientific Americanのすべてにおいて、学術研究に関する最も包括的なコレクションをアーカイブ化しています。画期的な研究の多くはノーベル賞やその他の名誉ある賞を受賞し、古くは1851年にまで遡るものもあります。

  • 1880年:指紋を利用した犯罪者の特定
  • 1920年:アインシュタインの相対性理論
  • 1950年:アインシュタインの重力理論
  • 1997年:青色レーザダイオード
  • 2001年:ヒトゲノムマッピング
  • 1903年:放射線物質に関するマリー・キュリーの研究を翻訳
  • 1932年:中性子の発見
  • 1985年:オゾンホールの発見
  • 1997年:クローン羊ドリーの誕生

1970年代、80年代、90年代の注目すべき研究

1970年代~90年代に行われた研究やイノベーションのうち、現在の世界が直面する地球規模の重要課題 — 気候変動、国際保健、デジタルトランスフォーメーションの進む世界 — に関わるものを振り返ります。年代ごとにスポットライトを当てたページで、注目すべき論文や書籍をご案内しています。

Preserve. Rediscover. Connect.

シュプリンガー・ネイチャーのジャーナル・アーカイブ・コレクション