KBART

KBARTとは?

KBART (Knowledge Base And Related Tools)は、ナレッジベースと図書館が購入したイーブックとジャーナルコンテンツを特定し、どのようにリンク付けするかを把握するために使用します。これはディスカバリーレイヤーに不可欠な部分です。
図書館が運用するディスカバリーサービスは、KBARTを使用して、図書館がどの書籍やジャーナルにアクセス権があるかを把握します。これにより、利用者は図書館が購入したコンテンツを検索した際に出版社のプラットフォームに簡単にアクセスすることができます。従来通りKBARTフェーズII推奨指針に従い、入手可能なパッケージとコンソーシアムリストが提供され、図書館はディスカバリーサービスに供給するパッケージをナレッジベースレイヤー上で選択する必要があります。

KBARTリスト

シュプリンガー・ネイチャーのKBARTリストは  adminportal.springernature.com/metadata/kbartでご確認ください。

SpringerLinkで利用できるコレクションをNISO KBARTフェーズ2形式で提供しています。新しいリストは毎月初旬に更新し、主要なナレッジベースのすべて(EBSCO、Ex Libris、OCLC、ProQuest)に対応しています。なお、シュプリンガー・ネイチャーの全コレクションを網羅する追加リストは現在準備中です。
コンソーシアムのリストは、コンソーシアムのライセンス契約が成立後、NISO KBARTフェーズ2形式でシュプリンガー・ネイチャーからすべての主要ナレッジベースへ送信します。

Automated KBART Holdings Feeds

KBART Automation allows customers to have a customer specific holdings feed (rather than sellable package listings or consortia lists) that is automatically uploaded to the customer specified Knowledge Base and Discovery Service on a weekly basis. The NISO created KBART Automation Working Group  published recommendations for KBART Automated Holdings in 2019. Springer Nature currently provides SpringerLink KBART Automated Holdings Feeds for OCLC, Ex Libris' SFX and Alma.